シーリング

サイディングなどの外壁材に見られる、ボード同士のつなぎ目や窓のサッシまわりなど。
建物には、いたるところに目地と言われる隙間が存在します。
その隙間を埋めるために使われる、ゴム状の素材がシーリングです。

また、シーリングは外壁のひび割れ補修などにも施されます。
建物内部への水分の浸入を防ぐというとても重要な役割を担っているため、快適な暮らしを維持し続けるには必要な工事の一つと言えるでしょう。

そんなシーリングは年月の経過とともに、やせ細ったりひび割れといった症状を引き起こしていきます。
このような劣化を放っておくと、建物の様々な箇所に隙間ができてしまい雨漏りを引き起こす原因に…。
お住まいのトラブルを防ぐためにも、最低10年に一度はシーリングの打ち替え工事を行うようにしましょう!

シーリングの役割

□ 湿気・雨水などの浸入を防ぐ
□ 外壁材同士の隙間をふさぎ、建物の気密性を保持する
□ 四季の温度差や揺れによる壁材の変形・伸縮を受け止めるクッション材として
□ 建材の経年劣化からくる、ひび割れの充鎮材として

このような劣化症状はありませんか?

□ ひび割れや剥がれが起こっている
□ やせ細って隙間が完全に埋まっていない
□ シーリング材が硬くなっている

もしも上記のような症状が見られる場合は、シーリング材が劣化している証拠です。
雨漏りなどの悪い影響を及ぼす前に、お早めに当社までご相談ください。

一覧ページに戻る