外壁塗装

外壁は常に日差しや風雨に晒されています。
私達が安全に暮らしているのも、外壁が家を守ってくれているから。
普段じっくり見ることのない部分ですが、外壁の劣化具合を把握しておくことは、快適な暮らしを保つためには非常に重要です。

ひび割れや塗膜の剥がれなどに気付かず、劣化症状をそのままにしておくと雨水などの水分が建物内に浸入し、様々な悪影響を及ぼします。
そうなる前に、きちんと外壁の状態を把握し、必要であれば塗り替えなどのメンテナンスを行いましょう。

外壁の劣化を放っておくとどうなる?

【症状その1】 防水効果の低下
塗膜が外壁材の表面をコーティングすることにより、雨や湿気などの水分を弾いています。
しかし年数の経過とともにその効果が薄れてしまいますので、含水率が高まり、コケやカビが発生しやすくなります。

【症状その2】 ひび割れの発生
更にそのまま放っておくと、今度は表面の塗膜が剥がれ落ち、外壁材自体の耐久性が落ちてきます。
すると、表面にひび割れが発生し、建物内部に水分が入りやすい状態になってしまいます。

【症状その3】 外壁内部の腐食
ひび割れから水分が浸入することにより、やがて下地や躯体部分を劣化・腐食させます。
腐食が進むと、外壁材の落下を招く恐れがあり、大変危険です。
このような状態になると、雨や湿気の影響を建物自体が直接受けるため、早急に対処しましょう。

こんな症状は塗り替えのサイン

□ 外壁に触ると手に白い粉がつく
□ 色あせがおきている
□ ひび割れがある
□ コケやカビが生えている

まずはご自身で外壁のセルフチェックを行い、気になる症状がありましたら、直ぐに当社までご相談ください。

一覧ページに戻る