外壁補修

建物の構成に欠かせない外壁部分。
外壁には雨風や紫外線をシャットアウトして、快適な空間をつくるという役割があります。

しかし、そんな外壁もいずれは経年劣化により、ひび割れや色あせなどの症状を引き起こすため定期的なメンテナンスが必要。
経験豊富な当社にお任せいただければ、劣化度合いを的確に判断し、快適な住まいを守るお手伝いをいたします。

主な外壁材の種類

□ サイディング外壁
日本の住宅の外壁材として、およそ80%のシェアを誇るサイディング。
その中でも最も普及率の高い窯業系サイディングや、軽量で断熱性に優れた金属系サイディングなど、多様な種類が存在します。

□ モルタル外壁
砂・セメント・水が主原料で、古くから日本の家づくりに活用されてきた馴染みのある外壁材。
他の外壁材と比べてひび割れを起こしやすいというデメリットがあるものの、塗装工事・止水工事・注入工事などの適切なメンテナンスを施すことで、耐久性を持続させることができます。

□ ALCパネル
ALCパネルとは、高温で発泡加工したコンクリート外壁のこと。
軽量で断熱性・耐火性・遮音性・調湿性に優れており、最近では高い人気があります。

もしも外壁の劣化を放っておくと…

□ コンクリートのひび割れが発生
□ 雨の浸入でコンクリートが中性化→鉄筋が錆びて膨張→破壊
□ 劣化による崩落事故の発生
□ 給排水・電気設備へ悪影響を及ぼす

万が一外壁の劣化症状を放っておくと、最悪の場合は白アリを招く原因になったり、建て替えなどの大きな工事が必要になることも…。
外壁にひび割れや欠けなどの気になる症状が見られる場合は、直ぐに当社までご相談ください!

一覧ページに戻る