防水工事

  • 施工前

  • 施工後

防水工事は、建物を雨風や紫外線から長期的に守るために行われます。
どのような建物にも必ず施されるほど、建物にとっては重要な工事の一つです。

一口に防水工事と言っても、その工法は様々。
建物の形状や既存の防水材との相性に合わせて行わなければ、適切な防水層を形成できません。

これまで幅広いご依頼をいただいてきた当社だからこそ、“長持ちする防水工事”には自信があります。

 

防水工事の種類

一口に防水工事といっても、いくつかの種類が存在します。
それぞれ機能性や特徴に違いがあるため、適切な箇所に適切な種類の防水工事を選ぶ必要があります。


□ 塗膜防水

シームレスで美しい仕上がりが特徴の塗膜防水。
樹脂や合成ゴムなど、あらゆる防水材を“塗る”工法です。
凹凸があったり複雑な形状にもなじみやすいのが特徴で、様々な建物で採用されています。

● ウレタンゴム防水
比較的に安価でできるウレタンゴム防水は、現在、国内で約半数のシェアを占めていると言われるほど。
2~3層の重ね塗りを行い、最後にトップコートを塗ることでツルっとした美しい仕上がりが実現します。

【メリット】
比較的安価で工期が短く、下地の形状に馴染みやすい。
臭いや熱も発生しないため、周辺環境にも優しいです。

【デメリット】
人の手で塗り重ねるため、完全に均一な仕上がりにはなりません。
また、経年による劣化と亀裂に弱い点が挙げられますが、重ね塗りすることで解決します。

● FRP防水
ガラス繊維強化プラスチックを活用したFRP工法。
耐水・耐蝕・耐候性などあらゆる機能性に優れているため、急速にシェアを伸ばしている塗膜防水です。

【メリット】
軽量で均一した塗膜を形成でき、耐久性が高いのが特徴。
乾くのも早く、1~2日ほどで工事が完了します。

【デメリット】
乾いた後は硬化してプラスチックになるため、地震などの揺れに弱い。
再塗装を行う際は、廃プラスチックが発生します。


□ シート防水

シート防水は、防水加工されたシートを“貼る”工法です。
鳥のついばみによる被害も出にくく、デザイン性に優れている点が大きな特徴と言えます。
マンションの外廊下や外階段など、細長い場所には長尺シート防水がオススメです。

● 塩ビシート防水
塩ビ樹脂製の防水シートを接着剤などで床面に貼りつけます。
紫外線や熱に対して優れた耐久性をもっています。

【メリット】
ある程度の重量に耐えられるため、仕上がり面の上を歩行可能。
もともとの防水層を選ばないため、上から被せて施工することができます。

【デメリット】
業者の技術によっては、施工不良が発生しやすい難しい工法です。
また、耐久年数は約10~15年と比較的短くなっています。

● ゴムシート防水
合成ゴム系の防水シートを接着剤やテープなどで貼り付けます。
比較的安価なため、部分的な防水補修や応急処置としての防水に最適です。

【メリット】
比較的安価で、短工期での施工が可能。
伸縮性・耐候性に優れているため、施工箇所もそんなに制限されません。

【デメリット】
厚みが薄いため、損傷しやすい点に気をつけなければいけません。
また、接着剤の耐久年数が防水材に追いつかず、そこから雨漏りを引き起こすことがあります。


□ アスファルト防水

アスファルト防水は、専用の不織布にアスファルトを染み込ませたシートを貼り重ねていく工法です。
重量があるため建物によっては施工できませんが、高い耐用年数と水密性に優れているため、信頼度は高いと言えます。

● トーチ工法
シート状のアスファルトをトーチバーナーで炙りながら液状化させ、塗るように防水層を形成します。

【メリット】
施工性が高く比較的簡単に行えます。
シート同士を溶かして密着させるため、施工不良が起きることはあまりありません。

【デメリット】
火器を使用するため煙が発生します。
施工の際は周辺への配慮が必要です。

● 常温工法
液状のアスファルト材を常温で付着させる工法。
熱に頼らないので、“冷工法”とも呼ばれています。

【メリット】
熱を使用しないため煙や臭いが発生せず、周辺環境に優しいです。

【デメリット】
接着部分の施工には、見合った技術と細心の注意が必要です。

一覧ページに戻る