雨漏り補修

「天井に染みがある」「壁が湿っている」こんな症状は、雨漏りを引き起こしているサイン。
そのまま放っておくと、建物の下地部分や躯体部分が腐食してしまうかもしれません。
そのため、居住に関係のないところであっても油断は禁物です。

もしも雨漏りだと感じる気になる症状を見つけた場合は、早いうちに対処しておく必要があります。

このように雨漏り点検を行います

雨漏り箇所を確認し、必要であれば小屋裏の点検も行います。

意外と多いのが目に見えない部分で起こっている雨漏り。
一見雨漏りの症状が出ていなくても、小屋裏などを点検すると構造部分に雨染みを発見するようなケースが多々あります。
このような場合は、目に見える雨漏り箇所だけを直しても、しばらくすると別の箇所から雨漏りを引き起こしてしまうのです。

当社では上記の様なトラブルを防ぐためにも、経験豊富な職人が念入りなチェックを実施。
状況を正確に診断した最適な修理のご提案は、当社にお任せください!

このような症状はありませんか?

少しでも「雨漏りかな?」と感じることがあれば、そのままにしておかず早急にご相談を。
直ぐに修理ができない場合でも、なるべく劣化の進行を抑えられるように、経験豊富な職人が応急処置に伺います。
「自分では分からない」「まずは屋根の状態をチェックしたい」という方も、どうぞお気軽に当社までご相談ください。

□ 天井や壁に雨染みができている
□ 壁紙がはがれているところがある
□ 天井にカビが生えている
□ 結露ではないのに、サッシが濡れているところがある

など、もしも上記のような症状が見られる場合は、雨漏りのサインです。
少しでも気になることがあれば、直ぐに当社までご相談ください。

一覧ページに戻る